like a silent film...

静かに好きに綴る

Endless SHOCK 博多座 10/13夜公演

 

Endless SHOCK

2017年 全138公演お疲れさまでした!!

今年も無事に幕が降りてよかったです。

ん??時差??そんなの気にしない←

 

そして2018年の上演決定おめでとうございます!!

ライバル役が中山優馬くんでビックリです。

年の差が15歳ですよ。

どうなることやら不安だけど、新しいSHOCKが見れると思うとワクワクです。

来年も座長に逢えますように…。

(私の名義、仕事して)

 

‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐

 

博多座10/13夜公演を観劇してきました。

個人的には3年ぶりの博多座遠征で、今年のSHOCKはこの1回きりの観劇でした。

 

とりあえず、思ったことを箇条書きしていく。

ん??時差??そんなの気にしない←

いや、こういうのは鮮度が大事だから、すぐに感想書いた方がいいってことはわかってるんです。

やっぱり忘れちゃう部分もあるから。

でも、語彙力乏しいうえに、書くのが遅い…

 

‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐

 

座長ーーー!!!!麗しいよーーー!!!!()

 

帝国劇場公演の時から歌に力を入れたと聞いていたけど、確かに厚みがあった。

 

前からウチはコウイチのライバルというより弟分感が強いと思ってたけど、さらに強くなってたような気がした。

光一さんと内くんがプライベートで仲良くなりすぎてるせいかな??

 

リカ役の松浦さんの歌声がアルトな感じで新鮮だった。

 

相変わらずJr.の予備知識皆無ですが、とりあえず松松が可愛い。

 

松田くんはじめまして、思ってたより小柄だね()

しなやかなダンスだけど、動きが大きいから躍動感があるなって思いました。

 

寺西くんはじめまして、オーディション勝ち抜いただけあってキレイに踊るなって思いました。

 

浜中くんはじめまして、謎のベテラン感がありました()

そのせいか、松倉くん松田くん寺西くんと一緒にいるのに少し違和感。

でも、初めてウチとほぼ対等な立場の人が現れたなと思いました。(と、いうかコウイチとライバルの中立っぽい印象)

ヤラの時はどんなだったんだろう??

 

松倉くん久しぶり、相変わらず可愛いね。

そして松田くんと同じように動きは大きいけど、躍動感というより優雅な感じがしました。

 

越岡くん久しぶり、こんなに優雅に踊る人だっけ??

めっちゃ好みなんですが←

 

辰巳くん…SHOCK観劇のたびにあなたのグッズ購入が増えるんだよ…どうしてくれるんだよ←

 

SHOCKの衣装は美しいうえに裾ひらの宝庫なので裾ひらフェチ()にはたまらんです。

今年も上質な裾ひらをありがとうございます。

 

何度観ても光一さんのフライング美しい。

 

千秋楽後の楽屋のわちゃわちゃが可愛いの大渋滞。

 

ジャングルのコウイチの腹筋が下手2階席からでもわかるくらい綺麗でした。

 

SOLITARYが始まる時(音楽が鳴る前)のコウイチの容姿と立ち姿だけで雰囲気がガラッと変わるの何度観てもゾクッとする。

 

ハットを美しく遠くまで飛ばせる選手権があったら光一さんはきっと優勝候補筆頭()

 

2階席から見るSOLITARYの群舞が好きすぎる。

 

直さんと日野さんが正面から見える席だったので、ドラムと和太鼓の音が身体で感じられた。

無意識に2人を観てしまう。

結果、いつも以上に目が足りないよ、ジャパネスク…。

 

あんなに可愛い松松のジャパネスクがめっちゃ雄で漢でヤバい。

 

コウイチ対ウチの一騎討ちの殺陣、効果音は和太鼓のみ、震える。

 

階段落ち直前は、ほんとしんどい。

退路を断つコウイチ、退路を断たれるウチ、パニックのリカとタツミ…それぞれの気持ちの交差ツラい。

 

Dead or Alive』のサビ、両腕をあげてから、全ての力が抜けたかのように腕をさげる振りが好き。

あの一連の動きが"死か生か"をすごい感じる。

 

劇中劇のシェイクスピアを観るたびに、光一さんにストレートプレイで本格的にシェイクスピアやってほしいって思う。

 

コウイチとウチのセリフがシンクロするところはゾクッする。

(ただ、好みの問題ですが、ヤラの方がもっとゾクッとする)

 

復活でリカがコウイチにネックレスを渡す際に、コウイチの手に触れるところは、うう…っってなる。

手の温度がね…うう…っっ。

 

『Higher』はコウイチのキラキラ感とカリスマ性が爆発してる一方で、ウチがコウイチに追い付けない、ついて行くことできないという絶望感の対比がツラい。

バックで踊ってる演者・アンサンブルの方々も、ウチと踊っている時は一生懸命なんだけど、必死感が強くてあんまり楽しそうではないんだけど、コウイチと踊っている時は楽しそうだし、みんなキラキラしてるんだよね。

より一層ツラい。

 

からの告白だから畳み掛けてツラい。

ウチの告白もツラいし、リカの告白もツラいし…。

そして、誰よりも早く自らの死を受け入れるコウイチは、本当に前に進むことしかできない不器用な人なんだな…と。

 

この一瞬が最後かもしれない…だから『夢幻』~『夜の海』までのショーは、何よりも儚くて美しくて哀しい。

そして、とてつもなく“いいショー”だった。

 

『CONTINUE』の歌詞の深さ…!!

この曲はSHOCKを知ることで完成度が高まる曲だと思います。

 

‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐*‐

 

こんな感じでしょうか。

 

3年ぶりの博多座は2階席でしたが、距離がやっぱり近くて、演者のエネルギーをとても感じました。

それに売店は数も種類も多くて、お祭り騒ぎで楽しい。

念願のきんつば本舗さんのわらび餅を購入することもできました。

毎回売店をSHOCK仕様にしてくださってて感謝してます。

スタッフの方々も笑顔で対応がいいのが好印象です。

歴史と品格がある中に親しみやすさもあって、本当に素敵な劇場です。

この博多座でSHOCKの上演ができるって、観れるって、本当にありがたいことだし、SHOCKってスゴい作品なんだなと思います。

光一さん達が「やりたい」って言ってできることじゃない世界だろうし。

 

また博多座来れるといいなぁ。

私から見たHey!Say!JUMP【2】

 

ちょっと時間が開きましたが前回の続き。

mint0813.hatenablog.com

 

その前に、J-webのディスコグラフィー見たら、2013年は山田くんの『ミステリーヴァージン』が発売されてました。

2013年元旦にKinKiコンのために東京遠征してたので、『ミステリーヴァージン』仕様の山手線に偶然乗った思い出があります。

この曲に関しては、『愛のかたまり』のカバーが収録されるということでKinKi界隈が少々ザワついてた印象があります。

そこで、KinKiファンである私の個人的な気持ちを綴っておきます。(需要など気にしない)

 

個人的に『愛のかたまり』カバーは単純に嬉しかったです。

だって、山田くんが歌えば!!

CDが売れれば!!

カラオケで選曲してくれれば!!

ftrに印zーーー(自主規制)

まぁまぁ…ね!!チャリーン!!ってw

 

こんなこと書いた後なので嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、カバーが嬉しかったのは本当です。

山田くんがKinKiが好きなのは知ってましたし、ずっと光一さんに憧れてるって言ってくれてましたし。

これがきっかけで『愛のかたまり』を知ってもらえる、好きになってもらえるかもしれない。

山田くんが歌っても好きになってもらえれば、それはやっぱり『愛のかたまり』という曲の持つ魅力というかパワーが認められたことでもあるので。

だから別にカバーが悪いことでもなければ不思議なことでもないと思ってました。

ただ、KinKiにとってもKinKiファンにとっても『愛のかたまり』は特別な曲であることもわかるから、ザワつく気持ちがわからなくもないです。

ましてや少クラとかでカバーするんじゃなくて、山田くんのソロシングルに収録されるわけですから。

でも、「そんなザワつかなくても…」とも思ってました。

ただ、KinKiリスペクトというか、あくまで山田くんはカバーであって、本家はKinKiであることをJUMPファンの方々には忘れないでほしいなと思っています。

そんな人いないと思うけど、万が一…いや、億が一「『愛のかたまり』は山田くんのもの」的なことを言われたり書かれたりしたら、「違う!!KinKiのだから!!」と全力で否定させていただきます。

山田くんの『愛のかたまり』の方が好きという気持ちは認めます。

それは個人の好み・価値観の問題なので。

まぁ、何が言いたいかいうと、オタクって面倒だなってことです。

 

私から見たHey!Say!JUMP ~楽曲(2013年~2017年)

 

 

引き続きJ-webのディスコグラフィーを見てながら綴ります。

ただ、このあたりは動画も見ちゃってるので、当時の感情と今の感情入り乱れて気味です。

端折る曲もありますが、ご了承ください。

※個人的な見解しかないです。悪しからず。

 

きました『Come On A My House』

カレー好きー♪な歌(違う)

バーモントカレーのCMだけのオリジナルソングだと思ったら、発売されてビックリ!!

しかも歌詞が「カレー」じゃなくて「彼」だった衝撃は忘れない。

そして曲中でjump!jump!って、めっちゃグループ名を言ってるなーって。

でもこの曲は大切だと思います。

なぜなら、Hey!Say!JUMPに興味のない我が兄上も、この曲は知ってる。

なぜならカレー好きー♪な歌だから。

CMソングの威力と影響力を感じた1曲です。

ウィークエンダー』今は好きですが、最初はそうでもなかったです。

金田一を意識した歌詞だなーくらいにしか思わなかったかな。

でも、発売されて半年から1年後くらいに唐突に頭から離れはなくなりました(何故)

意外と好きだったんだってあとから気づいたパターン。

『Chau#』『キミアトラクション』は、ようやくキラキラポップな可愛いアイドル曲がシングルできたなと…。

今やるのかよ…ただ、まぁまぁ違和感ないからスゴいなHey!Say!JUMP。

全員20代だぞ??もうちょいでアラサーなメンバーだっているぞ??アイドル力ありすぎだなHey!Say!JUMP。

ちなみに、この2曲のようなキラキラポップな可愛いアイドル曲を「ようやくか…」と思ってたわりに、聴いてて恥ずかしくなるタイプなので、プロモーション時期はほぼスルーしてました。

最近ようやく某所でちゃんと聴くことができました。

『Chau#』めっちゃ中毒性あるヤバい。

ポップでハッピーな伊野尾くんヤバい。

個人的には『Ride With Me』『Fantastic Time』『OVER THE TOP』『Precious Girl』のようなダンス曲の方が好きです。

フォーメーションダンスも複雑でカッコいいなぁと。

人数が多いからできることですよね。

特に『OVER THE TOP』は曲調も好きだしイワシダンスといわれる群舞もかなり好き。

TVでフォーメーションダンスに生歌が可能になればスゴい武器になると思ってる。

そして『Precious Girl』で、薮くんと八乙女くんが…

テ レ ビ で!!

2 人 で !!

並 ん で !!

歌 っ て て !!

なんかブワッとした!!(語彙力)

いや、私が覚えてないだけで、昔の曲を見返せば、TVサイズでも薮くんと八乙女くん並んで2人で歌ってるかもしれないし、フルで聴いたりPV見たりすれば、薮くんと八乙女くんが並んで2人で歌ってる姿あるかもだけどね…なんかね…

私はブワッとした!!(語彙力)

※すべて個人的な見解です。

※すべて個人的な見解です。

 

※す べ て 個 人 的 な 見 解 で す 。

 

私から見たHey!Say!JUMP ~振り返って

 

なんか、こうやって振り返るとカッコいい曲やら可愛い曲やら元気でさわやかな曲やらと、いろんな曲やってるなー、と。

エースの山田くんの容姿と声質というか声色がそれを可能にしてるのかな??

絶妙に可愛くもカッコよくもできる。

表現力もあるんだろうなとも思います。

で、意外と有岡くんも表現力があるんだなって思いました。

某所で昔の曲とか最近の曲とか見聴きして、可愛くもできるしカッコよくもできるんだなって、意外にオールラウンダーなんだなぁって思いました。

自分の魅せ方をわかってる感じがします。

だからフロントにいれるんだなって。

ヒルナンデスとかのバラエティーで、なんか空回ってる印象が強いので、新たな発見でした。

そして推しになりつつある(←)伊野尾くんは声が独特ですね。

ウィークエンダー』のソロパートは不快感までいかないけど、グループの中では少し浮いてる声だな、面白い声だな、という印象を持ちましたが、最近は曲に溶け込んでいたり、曲のアクセントになっている印象です。

音域が合えば耳馴染みのいい声だなって思いました。

TVサイズでもソロパートが増えて、経験値が上がったのでしょうか。

意外といろんな声色を聴くような気がします。

それとも元々のポテンシャルが高いのか…底の知れない人です。

メインとかサブとか関係なく、彼の声をもっと生かすことができればJUMPの曲の幅も広がりそうな予感がします。

それと岡本くんの声が意外といいなって個人的に思いました。

OVER THE TOP』のソロパートが好きです。

なんか色気が出てきそうな声してるなぁって。

岡本くんの声ももっと生かせそうな気がするというか伸び代を感じます。

そして、知念くんが思ってた以上に男。

JUMP関連の動画とかブログとかTwitterを見ても知念くんのことを「可愛い」っていうコメントが多い気がするけど、思ってた以上に男。

確かにデビュー当時は子どもで可愛かったですけどね。

でも、今の知念くんは顔つきも凛々しくなったし、歌声もどちらかというと男性的な印象です。

運動神経もいいし、ダンスも上手いので、個人的には可愛いよりカッコいいと思うことが多いです。

実際に可愛いのは身長だけの印象。

まぁ、ふと見せる隙は可愛いと思います。

あと、大野くんへの一途な思いとか。

とりあえず、知念くんはカッコよさをもっと出してほしい。

私は『Chau#』のピンボールみたいな知念くんより『Fantastic Time』の絶対な未来の知念くんの方を推したい。

高木くんは、声が通るし、響く声だなぁと。

最近、各メンバーのソロパートが増えたお陰で知ることができました。

私が知ってる数少ないアルバム曲『Masquerade』のソロパートが異常にエロいせいか、意外性を感じました。

けっこう好きな声です。

中島くんは、まず、波乱万丈だったなって…。

センター交代劇は厳しかっただろうし、推されなくなったなって目に見えてわかったし、きっと辛かっただろうけど、でも無駄じゃなかったんだなって、無駄にしなかったんだなって。

だって、昔より今の方がキラキラしてると思います。

楽しそうに歌って踊って、カッコよく歌って踊ってると思います。

曲によって1番雰囲気が変わるのは中島くんかも。

八乙女くんと薮くんは…ね。

ほんとにショタ印象が強すぎて…ね。

(暇さえあればFコン*1DVD見てたせい)

なんねんたっても大きくなったなって思ってしまうのです。

(実年齢そんな違わないのに感覚が親戚のおばさん←)

2人ともJr.の弟ポジで、Ya-Ya-yahというJr.の一つの時代を作った存在だったのに、JUMPでは年長組になって、真ん中じゃなくなって…

おう、マジか…ってなったなぁ(しみじみ)

でも経験値が高いし、ジャニーズファン内での知名度は高い(はずだ)から、端にいても存在感がある…今も昔も。

むしろ、この2人を端にして、縁の下の力持ち的な役割にしたことで、メンバーの力の底上げを謀ったのかな。

まぁ、普通に中島くん山田くん知念くんを推したかっただけかもしれないけど。

あと身長伸びたせいかな??

八乙女くん知らない間にラップもやってベースもできるようになってた…

『溺ロジ』で箒プレイ()*2やっていた子がちゃんとした楽器やってる…!!ってなった←

あと魅せ方を知ってるからか、意外と何でも歌いこなしてる気がする。

薮くんは安定感しかない。

Jr.時代の高音ボイス*3のもよかったですが、大人になって少し鼻にかかったような歌声も好きです。

で、一節歌っただけで場を支配してしまう存在感を持ってると思います。

ふと、そういう場面を見ると、この人ほんとにJr.のトップにいたんだなって思う。

そして、薮くんと八乙女くんが並んだ時の安心感がハンパない。

  

終わりに

 

結果的にまとまりのない文章になってしまった…。

とりあえず、振り返ってみるとJUMPはジャニーズの中でも王道アイドルのイメージが強いけど、思った以上に個性豊かで面白い。

シングル楽曲のバリエーションも増えてきたし、昔と比べて各メンバーのソロパートも増えたことで、「山田くんと愉快な仲間たち」状態から脱却しつつあるなという印象です。

個人的には此処等でバンド曲をまたしてほしいです。

あと、スーツでスタイリッシュに踊る曲してほしいです。

V6の『GUILTY』みたいな感じのやつ。

顔面偏差値高いし、スタイルいい人が多いからTV映えしそう。

  

まだまだ可能性がたくさんある、これからのJUMPが楽しみです。

とりあえず『I/O』欲しい。(まだ言うか)

 

※すべて個人的な見解でお送りしました。

※あ、お願いですから、ものを投げないで…

*1:KinKi Kids Dome F concert~Fun Fan Forever~のこと

*2:Fコンの光一さんソロのバック。薮くんもやってた。

*3:またもFコンですが、薮くん八乙女くんが高音で歌う『ボク羽根』すごい。

私から見たHey!Say!JUMP【1】

 

前回も書きましたが、個人的にHey!Say!JUMPブーム(というか伊野尾くんブーム)到来しています。

その勢いにまかせてHey!Say!JUMPについていろいろ書いちゃう。

ちなみに当方、JUMP古株でもないけど、新規でもないです。

ジャニーズ事務所所属のタレントさん及び所属してたタレントさんには、みんな幸せになってほしいと思っているギリギリ平成生まれのKinKiファンです。

※個人的な見解しかないです。悪しからず。

※雑誌などインタビュー読んだことがなく、断片的に知ってる程度です。悪しからず。

※過去に出演したTV番組などは見たり見なかったりです。悪しからず。

 

私から見たHey!Say!JUMP ~第一印象

 

 

Hey!Say!JUMP結成記者会見的なワイドショーとかは見たような気がするけど、覚えてない。

私が覚えている中で、Hey!Say!JUMPの一番古い記憶は、新堂本兄弟ゲスト回。

KinKiとジャニーズ先輩後輩との絡みが大好きなので、録画をそこそこリピしました。

その時の印象は

 

薮宏太くん・八乙女光くん

大きくなったなぁ…。

Fコンの時あんなに小さかったのに…。

しかしYa-Ya-yahが解体になるとは思わなかったなぁ…。

勇気100%なんだったんだ。

 

伊野尾慧くん

あ、名前は知ってるな。

しかし、KinKiからのお年玉を額に入れて飾ってるとは…いい子だな。(単純なKinKiファン)

 

高木雄也くん

おお…知らない子だ。

そして一人だけなんかチャラい。

 

有岡大貴くん

おお…知らない子だ。

 

中島裕翔くん

野ブタ。で亀梨くんの弟だった子で『青春アミーゴ』で目立ってた子だ。

この子が中心なのかな。

 

山田涼介くん

あ、名前は知ってるな。

でも光一さんに憧れてるって聞いたことある気もする。

 

知念侑李くん

おお…知らないし、めっちゃ子ども。

そして大野くん好きすぎ。

 

岡本圭人くん

健一さん息子もジャニーズかー。

 

森本龍太郎くん

知ってるけど…もうデビューしちゃうの??

小学生だよ??

 

残念ながら、デビュー曲は刺さりませんでした…。

ただ、ジャニーズ事務所のタレントさんには、みんな幸せになってほしいと思ってるし、せっかく数多くいるJr.の中から選ばれてのデビュー。

Jr.時代を多少把握してる子もいるので、これから頑張れよって感じで見守りながら応援するスタンスになりました。

 

私から見たHey!Say!JUMP ~楽曲(2007年~2012年)

 

 

J-webのディスコグラフィーを見て思い出しながら綴ります。

ちなみにフルで聴いたことほとんどないです。

『I/O』欲しい。

7月末発売だったのツラい…。

KinKiでいっぱい出費したんです。

なので、聴いたことあるのも見たことあるのもTVサイズばかりです。

あと、アルバムも聴いたことないです。

一部知ってる曲もありますが、知識皆無です。

まぁ、いろいろ悪しからず。

 

初めてHey!Say!JUMPの曲で好きだなと思ったのは『真夜中のシャドーボーイ』

何かの音楽番組を見て、

「あ、この曲好き」

と思いましたが、同時に

「…まだ早かったんじゃないかな」

とも思いました。

ちなみに、今でも思ってます。

世に出るのが早すぎたJUMPの初期曲って。

なぜなら、ドラマのタイアップとか推されているメンバーの都合もあるんだろうけど、カッコいい感じの曲なのに、中心にいた山田くん、中島くん、知念くんの容姿がまだ少し幼くて、背伸びしてる感が否めなかったんです。

年相応っちゃ年相応だったけど…。

(有岡くんは童顔だけど高校生だったから背伸びも何もないという感じ)

この3人を推すなら、もっとキラキラした曲の方がいいんじゃないかなー、とか、この曲やるなら薮くんとか八乙女くんとか年長組をメインにした方が映えるじゃないかなーって、なんかもったいないなーって思ってた。

その後に発表された同じようなテイストの『瞳の中のスクリーン』は3人とも少し大人っぽくなったので、背伸びしてる感は薄くなったかも。

しかし、いわゆるキャー!!ポイントなのであろう曲中の「アイラビュ~♪(ばきゅーん)」みたいなところが苦手です。

フルでも言っているのだろうか…

※あくまで個人的な見解です。

※余談ですが、2017年7月28日ミュージックステーションでの『真夜中のシャドーボーイ』を見て、ようやく完成形を見れた気がしました。

ありがとうミュージックステーション

 

その後は、やたらいろんな言語で「ありがとう」って言ってる曲だったり、派手なスーツでのバンド編成も絶妙に売れなさそうな雰囲気だし、てか曲調的にバンドにした意味あるのか疑問だったし、なんか関ジャニ∞と被ってる感が否めなくて、JUMPって曲とか演出に恵まれないなぁ…って思ってました。

※あくまで個人的な見解です。

 

その後に発表された『SUPER DELICATE』を音楽番組で見た時はビックリしました。

「え、JUMPってこんなに振り揃ってたっけ??」

けっこう衝撃でした。

千手観音スゴい!!って。

でも…なんか暗いね、やっぱり。

哀愁のある感じの暗さじゃなくて、なんか…人間特有の闇を感じる暗さを感じるっていうかな…

なんか、そんな暗い曲歌ってて大丈夫か??って心配になる…

でも、大人数の持ち味を生かそうと模索しているんだろうなぁと感じました。

あと、「けっこう前から思ってたけど中島くんめっちゃ身長伸びたなぁ」とか「山田くんイケメンになったなぁ」とか思ってました。

※あくまで個人的な見解です。

 

私から見たHey!Say!JUMP ~デビューから5年を振り返って

 

 

ファンという程の人間でないのですが、覚えている限り、ふわふわと5年を振り返りました。

てか、ディスコグラフィー見てビックリしたけど、5年でシングル9枚って少なくないか??

そして、いわゆるフレッシュな時期であるはずなのに、フレッシュなキラキラした楽しい感じ曲が無い。

アルバムではあるのかもしれないけど、シングルで無い。

なんか、いろいろ迷走してる感が否めない印象。

まぁ、ジャニーズタレント飽和状態でCDも昔ほど売れない時代だし、一緒にJr.時代を過ごしたかもしれないけど、Hey!Say!JUMPとして下積みしたわけじゃないからメンバー同士で馴染むまで時間が必要かもしれないし…いろんな要因があったのかな。

関係者じゃない、外の人間なのでわからないけど、Hey!Say!JUMPを飼殺したいのか、ブレイクさせたいのか…いろいろ考えちゃう5年かも。

※何度でも言いますが、個人的な見解です。

※あ、お願いです、ものを投げないでください。

 

つづく